天然の化学物質、フィトケミカル(phytochem…

天然の化学物質、フィトケミカル(phytochemical)の部類に入るスルフォラファン(sulforaphane)というブロッコリーに含まれる揮発性の有機硫黄化合物が、肝臓の持っている解毒酵素のスムーズな創造をサポートしているかもしれないという真実が判明しました。

日本における結核への対策は、長年、1951年施行の「結核予防法」に準ずる形でなされてきましたが、56年後の平成19年からはその他の感染症と一括りにして「感染症法」という名称の法律に沿って実行されることが決まりました。

ピリドキサミンには、かの有名なアミノ酸(Amino acid)をトリカルボン酸回路と呼ばれているエネルギーを活用するために必要な回路へ取り込ませるために更に細分化させるのをサポートする動きもあります。

何かを食べる時は、食べようと考えた物をなんとなく口に入れて数回咀嚼して飲み下すだけだが、そのあと人体は本当によく活動し続けて食物を身体に取り入れるように励んでいるのだ。

筋緊張性頭痛とはデスクワークなどでの肩こり、首筋のこりが素因の最も多いタイプの頭痛で、「まるで頭を力いっぱい締め付けられるような痛さ」「ドーンと重苦しいような鈍い痛み」と表現される症状が特徴です。

複雑骨折したことによりひどく出血してしまった状況では、血圧が下がって眩暈やふらつき、冷や汗、吐き気、顔面蒼白、座っていても起こる意識消失などの色々な脳貧血の症状が出てくる場合があります。

陰金田虫(インキンタムシ)という病気は比較的若い男性に多い傾向があって、ほとんどの場合は股間部だけに広がり、激しい運動をしたり、入浴後のように身体が温まった時に強烈な痒みを起こします。

汗疱(かんぽう)は主に手のひらや足の裏、指と指の間などにプツプツとした小さな水疱が出る病気で、広くは汗疹(あせも)と言われており、足裏に出ると水虫と勘違いされることもあります。

インキンタムシというのは、正式には股部白癬(こぶはくせん)と呼んでおり、白癬菌が股間や陰嚢、尻などの場所にうつり、寄生する病気であり俗に言う水虫のことなのです。

細菌の感染によって起こる急性中耳炎(きゅうせいちゅうじえん)とは、最も患者数の多い中耳炎で比較的子どもによく発症します。激しい耳の痛みや38℃以上の発熱、鼓膜のひどい腫れや炎症、耳漏(耳垂れ)などが出現します。

肥満(obesity)というのは勿論摂取する食物の種類や食生活の質、運動不足などが誘因ですが、量の変わらないごはんでも、大慌てで食べ終わる早食いを続けていれば体重過多に陥っている肥満の状態を招く恐れがあります。

ともすると「ストレス」というのは、「無くすもの」「除外すべきもの」ものと捉えがちですが、現に、私達は大小のストレスを感じているからこそ、生活することに耐えられるのです。

アルコール、お薬、合成された食品の添加物などを特殊な酵素で分解し、無毒化する働きのことを解毒(げどく)と言い、肝臓が果たしている非常に重要な務めの一つと言えるでしょう。

バイク事故や高所からの転落事故など、著しく大きな負荷がかかった場合は、複数の個所に骨折が発生してしまったり、骨が外部に突出する複雑骨折となったり、重症の場合は内臓が破損することも考えられます。

亜鉛は、DNAや蛋白質の合成に働く色々な酵素や、細胞・組織の代謝機能に関わっている酵素など、200種類以上も存在する酵素を構成する物質として外せないミネラルの一種なのです。