脳卒中のくも膜下出血は9割弱が脳動脈瘤と呼ばれる血…

脳卒中のくも膜下出血は9割弱が脳動脈瘤と呼ばれる血管にできた不要な瘤(こぶ)が破れる事が要因となって発症してしまう恐ろしい病気として認識されるようになりました。

ポリフェノールで最も有名な特長は水溶性のL-アスコルビン酸やV.E.(ビタミンE)などとは異なっていて、細胞と細胞の間の水溶性部分に脂溶性部分、ひいては細胞膜でも酸化を防ぐ作用をいかんなく発揮するのです。

学校や幼稚園等の大勢での集団生活で、花粉症の症状が原因でクラスメイトと同時に思いっ切り行動できないのは、患者さんにとっても腹の立つことです。

AIDSはヒト免疫不全ウイルス(HIV=human immunodeficiency virus)の感染によって引き起こされるウイルス感染症のことで、免疫不全を引き起こして些細な細菌などが原因の日和見感染やがん等を発症してしまう症候群そのものを称しています。

アメリカやヨーロッパにおいては、新しく開発された薬の特許が満了してから約1ヶ月後、製薬市場の80%がジェネリック医薬品(Generic drug、後発医薬品)に替わる飲み薬もある位、後発医薬品(こうはついやくひん)は各国で浸透しているのです。

アミノ酸の一種であるグルタチオン(Glutathione)は、細胞の機能を不十分にしたり変異を誘引する人体に悪影響を及ぼす有害物質を体内で無毒化し、肝臓のパワーを良くする働きが明らかになっています。

虚血性心疾患の心筋梗塞というものは心臓の周りを走る冠動脈の動脈硬化によって血管の内腔の幅が細くなり、血液の流れが途絶えて、酸素や大切な栄養を心筋に配達できず、筋肉細胞そのものが死んでしまう怖い病気です。

ジェネリック医薬品(generic drug)というのは新薬の特許が無くなった後に売られる、等しい成分で金銭的な自己負担を下げられる(薬の金額が高価ではない)後発医薬品そのものです。

今、若年層で感染症である結核に抗う抵抗力、すなわち免疫力を保有しない人達の割合が高いことや、自己判断のせいで受診が遅れることが要因の集団感染(アウトブレイク)・院内感染が増えているようです。

収縮期血圧が140を超える高血圧が長期間継続すると、体中の血管に大きな負担がのしかかり、頭の先から足の先までいろんな血管にトラブルが起こって、合併症になる度合いが高くなると言われています。

なんとなく「ストレス」というのは、「溜めないようにするもの」「除外すべき」と考えがちですが、実を言えば、人間はこうしたストレスを感知しているからこそ、生き延びることが可能になっています。

内臓脂肪症候群とは言われなくても、臓器に脂肪が溜まる特性の悪質な肥満になってしまうことに縁って、数多くの生活習慣病を引き起こす可能性が高まります。

陰金田虫というのは、正式には股部白癬と称されている、白癬菌が股部や陰嚢、お尻などの場所にうつり、定着する病気で俗に言う水虫のことなのです。

ピリドキサミンには、様々なアミノ酸をTCA回路と呼ばれているエネルギーの代謝のために必要となる回路へ取り込むため、輪をかけて分解することを助けるという機能もあります。

軽傷の捻挫だろうと決めつけて、包帯やテーピングテープなどでとりあえず固定し、様子を窺うのではなく、応急処置を済ませたらただちに整形外科医に診てもらうことが、早く根治させる近道となるのです。