胃食道逆流症(GERD)の一つである逆流性食道炎は…

胃食道逆流症(GERD)の一つである逆流性食道炎は、3~4日くらいちゃんとお薬を飲めば、押しなべて90%近くの人の自覚症状は無くなりますが、とはいえ食道の粘膜の腫れや炎症が完全に治ったとは断言できないので注意が必要です。

杉花粉症などの緒症状(水っ洟、鼻詰まり、クシャミ等)のために夜間しっかり眠れないと、それが元凶で慢性的な睡眠不足となり、翌日起きてからのすべての活動に芳しくないダメージを与えることも考えられます。

植物栄養素とも言われるフィトケミカルの一種のスルフォラファン(sulforaphane)というブロッコリーに含まれている化学物質について、肝臓が持っている解毒酵素の効率的な生産活動を促進しているかもしれないという真実がわかりました。

高血圧(hypertension)の状態が長期間継続すると、血管に強い負荷がかかった挙句、体中至る所の様々な場所の血管に障害がもたらされて、合併症を招いてしまう見込が高まると言われています。

急性中耳炎は、最も代表的な中耳炎で乳幼児によく発症する病気です。耳の痛みや高熱、赤い鼓膜の腫れ、耳漏(耳だれ)などのさまざまな症状が発生するのです。

乳児が受ける予防接種の不活化ポリオワクチンは、長年採用されてきた生ワクチンに替わり、平成24年9月1日より原則無料で接種できる定期接種になるため、集団接種ではなくクリニックなどの医療機関で接種してもらうスケジュール管理の必要な個別接種のスタイルに変更されています。

ポリフェノール最大の特長は水溶性のV.C.(ビタミンC)やトコフェロール(ビタミンE)性質が異なり、細胞間の水溶性の部分や脂溶性部分、ひいては細胞膜でも酸化を防ぐ効果に優れています。

「肝臓の機能の低下」は、血液検査項目のASTやALT、γ-GTP(ガンマGTP)等3つの値で分かりますが、特にここ数年肝機能が悪くなっている人達が明らかに増加傾向にあるということが注目されています。

気分障害のうつ病は副交感神経が優位になると脳内で分泌される神経伝達物質である「セロトニン」が足りなくなった結果、強い憂うつ感、不眠著しい疲労感、食欲低下、強い焦燥感、意欲の低下、希死念慮、そして重症の場合自殺企図等の深刻な症状が現れるのです。

歳を重ねることに縁る難聴では段々聴力が低下するものの、通常還暦過ぎまでは耳の悪さをなかなか自認できません。

複雑骨折してひどく出血した状況では、血圧が降下して眩冒や冷や汗、悪心、座っていても起こる失神などの様々な脳貧血症状が出ることもよくあります。

物を食べる時は、次に食べたい物を気軽に口に運んで何度か咀嚼して嚥下して終わりだが、その後体はまことによく働き続けて食物を身体に取り入れるように努めているのだ。

なんとなく「ストレス」は、「無くすもの」「除去すべき」と敬遠しがちですが、実際は、人間は様々なストレスを感じているからこそ、生活し続けることが可能になっているのです。

2005(平成17)年2月から全てのトクホのパッケージにおいて「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」という注意喚起の文句を表記すること義務化した。

チアミン不足が原因の脚気(かっけ)の症状は、四肢がジンジンと痺れたり脚の著しい浮腫などが標準で、症状が進行してしまうと、最も深刻なケースでは呼吸困難に陥る心不全などを連れてくる可能性があるようです。