老化が原因の難聴においては時間をかけて聴力が低下す…

老化が原因の難聴においては時間をかけて聴力が低下するものの、大体は還暦くらいまでは聴力の衰退をしっかりとは認識できないのです。

めまいが診られず、片耳だけに出ることの多い耳鳴りと難聴の2つの症状を数回繰り返すパターンのことを「蝸牛(カタツムリ)型メニエール(メニエル)病」という病名で診断する症例があるようです。

男性だけにある前立腺という生殖器はその生育や活動に雄性ホルモン(男性ホルモン)がとても密接に関係し、前立腺のガンも同じく、アンドロゲン、すなわち男性ホルモンの作用を受けて大きくなります。

高血圧(hypertension)になってしまうと、体中の血管に大きな負担がのしかかり、頭頂からつま先に至るまで色んな血管に障害が起こって、合併症になってしまうパーセンテージが大きくなると言われています。

脚気(かっけ)の症状としては、両手両足が何も感じない麻痺状態になったり下肢の浮腫などが代表的で、発症から時間が経つと、最も深刻なケースでは心不全も齎す可能性があるということです。

虚血性心疾患の心筋梗塞は冠動脈の動脈硬化によって血管内の空間が細くなってしまい、血流が途絶えて、欠かせない酸素や栄養を心筋まで配達できず、筋細胞自体が死ぬという怖い病気です。

汗疱(汗疱状湿疹)は手の平や足の裏、指と指の間などにブツブツの水疱ができる疾患で、通称あせもと呼び、足の裏に出てくると水虫と早とちりされることが多くあります。

AIDSはHIVの感染によって罹患するウイルス感染症の事で、免疫不全を招き健康体では感染しにくい日和見感染や悪性新生物などを併発してしまう病状全般を指しているのです。

いんきんたむしとは、医学上では股部白癬と言われている、白癬菌というカビの一種が股部、陰嚢(いんのう)、臀部などに感染、もしくは寄生する病気であり水虫のことなのです。

痩せるのが目的で1日の総カロリーを抑える、食事を抜く、そのような暮らしが栄養までもを不足させ、慢性的な酷い冷え性を誘発していることは、多くの医師が危惧されています。

植物に存在する化学物質、フィトケミカルの一つであるスルフォラファン(sulforaphane)というブロッコリーに含まれている化学物質が、肝臓の持つ解毒酵素の順調な生成活動を促しているかもしれないという事実がわかってきたのです。

骨折したことにより大量出血してしまった際は、急に低血圧となって眩冒や体が急速に冷えるように感じる冷や汗、悪心、気絶などのいろんな脳貧血の症状が出てくる場合もあります。

結核対策は、長年、昭和26年に制定された「結核予防法」に拠っておこなわれてきましたが、平成19年からは数多くある結核以外の感染症と供に「感染症法」という名の法律に基づいて遂行される運びとなりました。

スマホ使用時の細かなちらつきを軽減させる専用眼鏡が最も人気を集めている理由は、疲れ目のケアに大勢の人が苦労しているからだと推測することができます。

20才代、30才代で更年期になったとすれば、医学的な用語で表すとPOF(Premature Ovarian Failure)という女性疾患を指します(日本では40才以下の女性が閉経することを「早発閉経(Premature Ovarian Failure)」と称しています)。