生殖器である前立腺はその生育や活動にアンドロゲン(…

生殖器である前立腺はその生育や活動にアンドロゲン(男性ホルモン、雄性ホルモン)が非常に大きく関係しており、前立腺に発生してしまったガンも同様、アンドロゲンの作用を受けて大きくなってしまいます。

吐血と喀血はどちらも口からの出血に違いはありませんが、喀血というものは喉から肺を繋ぐ気道(呼吸器のひとつ)から血が出ることで、吐血というものは無腸間膜小腸よりも上の消化管から出血する状態を示しているのです。

塩分と脂肪の摂取過多をやめた上で自分に合う運動に尽力し、ストレスを溜めすぎないような毎日を続けることが狭心症の主因となる動脈硬化を未然に防ぐコツだといえます。

もう永久歯の周囲を覆っている骨を減らすまでに時間の経ってしまった歯周病は、残念ながら病状そのものが落ち着くことはあっても、エナメル質が元の量になるようなことはないのです。

今時の病院のオペ室には、御手洗や専用の器械室、準備室を作り、手術中に患者を撮影できるX線装置を用意するか、そうでなければ近距離にX線装置の専門室を作るのが常識である。

健康を推進する世界保健機関は、人体に有害なUV-Aの極度の浴び過ぎが皮ふに健康障害を招くとして、18歳以下の男女がファッション感覚で肌を黒くする日サロを利用する行為の禁止を強く先進国に喚起しています。

拡張期血圧90以上の高血圧が長期間継続すると、血管に強い負荷がかかった結果、頭のてっぺんから足の爪先まで色々な場所の血管にトラブルが生じて、合併症を発症してしまう度合いが大きくなると言われています。

一見すると「ストレス」というものは、「溜めてはいけない」「取り去らなければいけない」ものと捉えがちですが、本当は、ヒトは様々なストレスを感じているからこそ、生き延びていくことができます。

いんきんたむし(陰金田虫)は20代~30代の男性に多く確認されており、ほとんどのケースでは股間部にのみ拡大し、体を動かしたり、お風呂に入った後など身体が熱くなった時に強い掻痒感があります。

アメリカやヨーロッパ諸国では、新しい薬の特許が満了してから4週間後には、市場のおよそ80%がジェネリック医薬品(Generic drug、後発医薬品)に替わるというクスリもある位、後発医薬品は各国に知られています。

加齢に伴う耳の聞こえにくさは毎日少しずつ聴力が落ちていきますが、普通は還暦過ぎくらいまでは耳の衰退をきちんと自覚できないものです。

アミノ酸のひとつであるグルタチオン(GSH)は、細胞の機能を低下させたり変異を招く有害な物質を体の内側で解毒し、肝臓の力を強める特性が認識されています。

むねやけが特徴の逆流性食道炎は、食事が欧米化したことに加えて煙草・アルコールを毎晩飲む事・肥満等の生活習慣が乱れたこと、ストレス等に縁って、ことさら日本人に増加している疾患です。

必要な栄養素を網羅した食事を1日3回とることやスポーツは勿論、体の健康や美容を目的として、サブに色々な成分のサプリメントを使用する事が普通になったようなのです。

突然発症する急性腸炎は、大半が腹痛・悪心・嘔吐・下痢の症状がみられる程度ですが、細菌感染から来ている場合は強烈な腹痛・幾度も繰り返す嘔吐・下痢に加えて38度以上の高熱が出るのが通例です。