普段から横向きになったままTVを眺めていたり、思い…

普段から横向きになったままTVを眺めていたり、思いっ切り頬杖をついたり、ヒールの高い靴等をよく履いたりということは体の均衡を崩してしまう要因になります。

脳卒中のクモ膜下出血は9割近くが脳動脈りゅうという脳内の血管にできる不要なコブが破裂して脳内出血することが原因となって発症してしまう深刻な病気として知られるようになりました。

お薬やアルコール、化学調味料を始めとした食品添加物等の成分を特殊な酵素によって分解して無毒化する作用のことを解毒(げどく)と呼び、多機能な肝臓の果たす大事な職責のひとつだということは間違いありません。

杉花粉が飛ぶ季節に、小児が平熱なのにクシャミや水っぱなが止まないようなケースは、残念ながら杉花粉症かもしれないのです。

塩分と脂肪分の摂取過多を控えた上で続けられる運動をおこなうだけでなく、ストレスの多すぎない暮らしを意識することが狭心症の要因となる動脈硬化を事前に防止するコツなのです。

肥満(obesity)の状態というのは無論摂取する食物の栄養バランスや運動不足などが要因ですが、量が等しいごはんであったとしても、慌ただしく食べ終わる早食いを続けたならば肥満の状態を招きやすくなるということが明らかになっています。

食中毒を起こすことのあるブドウ球菌(英:staphylococcus)はグラム染色で紫色になるグラム陽性球菌であり、毒素が極めてきつい黄色ブドウ球菌(staphylococcus aureus、スタフィロコッカスアウレウス)と毒素が強くないコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(coagulase-negative staphylococci)の2つがあるのです。

アルコールを無毒化するという力があるナイアシンは、ゆううつな宿酔に効く成分です。辛い二日酔いの原因だと考えられている酢酸アルデヒド(アセトアルデヒド、acetaldehyde)という化学物質の無毒化に携わっているのです。

ハーバード医科大学(HMS)の研究結果によれば、毎日2杯以上ノンカフェインのコーヒーを飲めば、直腸癌の発生リスクを半分以上も減らせたのだ。

5-HT(セロトニン)神経は、自律神経のバランスの調整や痛みの制御、分泌物質の覚醒などを操作しており、単極性気分障害(うつ病)の方は働きが鈍いことが分かっているのだ。

めまいは出ないのに、片耳だけに出ることの多い耳鳴りと低音域の難聴の症状のみを何度も発症するケースを区別して「蝸牛(かぎゅう=カタツムリ)型メニエール(メニエル)病」と診断する事例が多いそうです。

チェルノブイリ原子力発電所の爆発事故の長期間に及ぶ後追い調査のデータでは、体の大きな成人に比べて体の小さな子どものほうが飛散した放射能の深刻なダメージを受容しやすいことが読み取れます。

気分障害のうつ病というのは脳の中の神経伝達物質の「セロトニン」が足りなくなった結果、気分の落ち込み、不眠、著しい倦怠感、食欲低下、焦り、極端な意欲の低下、希死念慮、そして重症の場合自殺企図等の深刻な症状が見られます。

シルバー世代の人や慢性的に病気を患っている人は、ことさら肺炎に罹患しやすく治るのが遅いという傾向にあるため、常日頃の予防やスピーディな手当が大切なのです。

「肝機能の減衰」については、血液検査項目のASTやALT、そしてγ-GTPなどの数値によって知ることができますが、ここ最近では肝臓の機能が悪化している方々が徐々に増えているとされています。