明治末期、外国から帰ってきた女たちが、洋風の髪、洋…

明治末期、外国から帰ってきた女たちが、洋風の髪、洋風の服装、洋式に使う化粧品や化粧道具、美顔術などを日本に紹介すると、これらを新たに表現する語彙のひとつとして、美容がけわいの代わりに扱われるようになったのだ。

皮膚の奥で生み出された細胞は徐々に皮膚の表層へと移動し、結果的には皮ふの表面の角質となって、約4週間経つと剥がれていきます。これこそが新陳代謝です。

メイクのメリット:容貌がきれいになる。化粧もたしなみのひとつ。本当の年齢より大人っぽく見せたいという願いを叶えてくれる(ただし10代~20代前半限定の話です)。人に与えるイメージを変幻自在に変えられる。

洗顔石鹸などで隅々まで丁寧に汚れを洗い流しましょう。石けんは肌に合ったものを使いましょう。肌に合っているようなら、安いせっけんでも大丈夫だし、固形タイプの石鹸でも良いのです。

デトックスというワードはそんなに目新しいものではないが、これはあくまで健康法や代替医療の一種として考えており、医師による「治療行為」とは別物だということを意外にも少ないのだ。

ドライスキンによるかゆみの要因の大半は、年齢を重ねることに伴うセラミドと皮脂の減衰や、ハンドソープなどの過度の使用による皮ふのバリア機能の衰えによって現れます。

肌細胞の分裂を活発にして、皮膚を再生させる成長ホルモンは明るい時間の活動している最中はほとんど分泌されず、夕飯を済ませてゆるりと身体を休め落ち着いている状態で分泌されると言われています。

頭皮は顔面の皮膚と一続きになっており、おでこまではスカルプと等しいものだと考えることはあまり知られていません。加齢に伴ってスカルプがたるみ始めると、その下にある顔面のたるみの原因となります。

本来、お肌の新陳代謝は28日毎のサイクルになっており、常時新しい肌細胞が誕生し、一日毎に剥がれ落ちています。このような「毎日の生まれ変わり」によって皮膚は若々しい状態をキープしています。

ともかくも乾燥肌が普段の暮らしや周辺環境に深く起因しているのであれば、日々の些細な身のまわりの慣習に気を配りさえすればほとんどの肌のトラブルは解決するはずです。

身体中に存在するリンパ管に沿うように走る血行が悪くなると、栄養や酸素などが隅々まで届きにくくなり、結果として脂肪を着けさせる誘因になるのです。

トレチノイン酸治療は、頑固な濃いシミを短期間で薄い色に和らげるのに特に適した治療法で、原因不明の老人性色素斑・光治療の効かない炎症後色素沈着・30~40代の女性に多い肝斑(かんぱん)・しつこく繰り返すニキビなどに優れた効果があります。

且つ、皮膚のたるみに大きく関わってくるのが表情筋。これは様々な表情をするたびに伸縮する顔に張り巡らされた筋肉のことです。コラーゲンと同じく、表情筋の力も加齢にともなって衰えてしまいます。

美白は95年から99年頃に美容家・鈴木その子が必要性を訴えて流行ったのは記憶に新しいが、90年代前半にはメラニン増加による皮ふトラブル対策に対し使われていたらしい。

日本皮膚科学会の判定指標は、①強いかゆみ、②独自の発疹とその広がり方、③慢性更には反復性の経過、3点全部該当する疾患を「アトピー性皮ふ炎(あとぴーせいひふえん、atopic dermatitis)」と言っています。