万が一婦人科の検査で残念ながら女性ホルモンの量が基…

万が一婦人科の検査で残念ながら女性ホルモンの量が基準値を下回り早期閉経(premature menopause)と分かった場合、不足している分の女性ホルモンを補充するような治療方法で改善が望めます。

UV-Bは、UV-Aと比較すると波長が短いという性質があるので大気中にあるオゾン層で一部分が吸収されるのですが、地表まで達したUV-Bは皮ふの表皮内で細胞のDNA(Deoxyribo Nucleic Acid、遺伝情報)を傷つけたりして、肌にとって悪い影響をもたらすことになります。

3つのアミノ酸からできているグルタチオン(GSH)は、細胞の機能を下げたり変異を誘発する悪影響を及ぼす有害物質を身体の内部で解毒し、肝臓の機能性を促進するような能力が明らかになっています。

パソコン画面の強くて青っぽい光を低減させる効果のあるレンズの付いたPC専用メガネが今人気を集めている理由は、疲れ目の対策に多くの人が興味を持っているからではないでしょうか。

内臓に脂肪が多いことによる肥満があり、油脂の摂取などによる「脂質過多」、塩分摂取などが関係している「高血圧」、高血糖の中で2~3項目該当するような事例を、メタボリックシンドローム、またの名を「死の四重奏」と呼んでいるのです。

食中毒を起こすことで知られるブドウ球菌(英:staphylococcus)は紫に染色されるグラム陽性球菌で、毒が極めて強い黄色ブドウ球菌(オウショクブドウキュウキン、staphylococcus aureus)と一方は毒が薄弱なコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(CNS)の2つがあるのです。

塩分や脂肪の摂取過多をやめた上で自分に合う運動に努めるだけでなく、ストレスの多すぎないような生活を意識することが狭心症の誘因となる動脈硬化を予め予防する知恵なのです。

吐血と喀血、いずれも口からの出血に違いはありませんが、喀血というのは喉から肺に続く気道(きどう、呼吸器のひとつ)から血が出る症状で、吐血とは無腸間膜小腸よりも上部の消化管から出血する症状のことを言い表しています。

杉花粉症などの病状(水っぱな、鼻づまり、連発するクシャミ等)のために夜しっかり眠れないと、それが因子になって睡眠不足になり、翌朝からの仕事内容に良くないダメージを与えるかもしれません。

結核の原因となる結核菌は、患者さんがゴホゴホと「せき」をすることで内気の中に投げ出され、空中にふわふわしているのを別の誰かが空気と一緒に吸い込むことでどんどん拡がっていきます。

学校や幼稚園のような団体行動をするにあたって、花粉症の為にクラスのみんなと同時にパワー全開で動くことができないのは、本人にとって残念なことです。

チェルノブイリ原発の事故に関するその後の後追い調査のデータからは、成人に比べると未成年のほうが放出された放射能の有害な影響をよく受けることが明らかになります。

脳内の5-HT(セロトニン)神経は、自律神経を調節したり痛みを鎮静化させ、様々な器官の覚醒などを操作しており、大うつ病の方ではその活動が落ちていることが判明している。

花粉症というのは、森の杉やヒノキ、マツ、ブタクサなどの大量の花粉に誘発され、くしゃみ・皮膚のかゆみ・微熱・鼻みずなどの色々なアレルギー症状を齎す病気だということができます。

基礎代謝量は睡眠中ではない覚醒状態で生命を保つ(心臓の鼓動、呼吸、腎臓の動き、体温や筋肉の緊張の維持など)ために欠かせない最低限のエネルギー消費量のことを言うのです。