リハビリメイク(Rehabilitation Ma…

リハビリメイク(Rehabilitation Makeup)という新しい言葉には、様々な身体機能に損傷をこうむった人のリハビリテーションと同様に、外見に損傷をこうむった人が社会復帰するために勉強する技法という意味が込められています。

20~30代に発生する難治性の“大人ニキビ”の症例が増加している。10年以上こうした大人ニキビに悩み続けている多くの女性が専門の皮膚科を訪れている。

明治も末期に差し掛かった頃、外国帰りの女性たちが、洋風の髪型、洋服、洋風の化粧品や化粧道具、美顔術などを日本に紹介した結果、これらを表現する熟語として、美容がけわいに替わって使われ始めた。

メイクアップでは傷などを隠すことに専念せず、メイクアップを通じて結果的に患者さん自身が自らの外観を認め、社会復帰への第一歩を踏み出すこと、加えてQOLをもっと向上させることを理想に掲げています。

頭皮のお手入れの主なねらいは健康的は髪の毛を維持することだといえます。髪の水分が失われて乾燥して艶がなかったり抜け毛が多くなるなど、たくさんの人が頭髪のトラブルを抱えているようです。

我々日本人が「デトックス」に惹かれてしまう理由の一つとして挙げられるのは、我々日本人が暮らしている環境が悪いことにある。大気や土壌は汚され、コメなどの食物には不自然に成長を促す化学肥料や有害な農薬が多くかけられていると喧伝されている。

美容外科(plastic surgery)は、要は外科学の一分野で、医療に主軸を据えた形成外科(plastic surgery、plastic…形を作るの意)とは別のものだ。また、整形外科学(orthopedic surgery)とも勘違いされがちであるがこれも異分野のものである。

メイクのデメリット:肌への影響。毎日面倒でたまらない。金が嵩む。物理的刺激で皮膚が荒れる。何度もお化粧直しや化粧をするので時間の無駄だ。

お肌のターンオーバーが滞ってしまうと、様々な肌のエイジング現象や肌トラブルが出現します。老けて見えるシワ・濃くなっていくシミ・顔色の冴えないくすみ・隈・たるみ・吹き出物・肌荒れ・乾燥など、挙げたらキリがないくらいなのです。

なんとなくPCのモニターに集中し過ぎて、眉間にしわ、かつ口角を下げたへの字口(余談ですが私は別名「富士山口」と名付けています)をしているのではありませんか?これはお肌にとって最悪です。

「デトックス」術にリスクや問題は無いのだろうか。だいたい、体に蓄積してしまう「毒物」というのはどんな性質のもので、その毒素は「デトックス」の力で流せるのか?

幅広い年代の女性に親しまれているピーリングとは、役目を果たしてしまった不要な表皮を専用化粧品などでピール(peel:剥くの意味)し続けることによって、新しいきれいな皮膚(角質)に入れ替え、新陳代謝を促す定番の美容法です。

よく目立つ目の下の弛みの解消・改善策でおすすめなのは、ずばり顔のストレッチ体操です。顔面の表情筋は気付かない間に凝り固まったり、精神の状態に関係している場合がままあるのです。

尿素(urea)の溶けた水とグリセリン(glycerin)にヒアルロン酸を混ぜた美肌水は保湿力が高いため皮膚に優しく、ドライスキンの方におすすめの化粧水です。防腐剤や香料等使っておらず、肌の敏感な方でも使えます。

身体に歪みが起こると、臓器はお互いを押し合って、その他の内臓も引っ張り合い、位置異常、内臓の変形、血液・細胞の組織液・ホルモンの分泌にも芳しくない影響を齎すのです。