むねやけが特徴の逆流性食道炎は、4~5日きちんとお…

むねやけが特徴の逆流性食道炎は、4~5日きちんとお薬を飲めば、一般に90%近くの人の自覚症状は治まりますが、かといって食道の粘膜の発赤や炎症が完全に引いたわけではないので注意が必要です。

若年層で結核菌に対抗するだけの免疫(抵抗力)を持たない人達の割合が高いことや、自己判断のために診断が遅れることなどが原因のアウトブレイク・院内感染の発生頻度が高くなっています。

生活習慣が主因の2型に対し、1型糖尿病という病気は、膵臓(すいぞう)に存在している血糖値に関与しているβ細胞が破壊されてしまうことによって、あの膵臓からインスリンが微々たる量しか出なくなってしまって発症してしまうという生活習慣とは無関係の糖尿病です。

季節性インフルエンザ(seasonal influenza)のワクチンでは、現在までの研究によって、予防効果が見込めるのは、ワクチン接種を受けた14日後から約5カ月間程ということが判明しました。

世界保健機関は、人体に有害な紫外線A波の異常な浴び過ぎは皮ふ病を招く可能性が高いとして、19歳未満の人が日サロ(日焼けサロン)を使用することの禁止を広く世界中に求めている最中です。

インフルエンザ(流行性感冒)に対応している効果的な予防法や治療方針といった必須の対処策そのものは、それが季節性のインフルエンザでも未知なる新型インフルエンザであってもほとんど同じです。

悪性腫瘍である女性の卵巣がんは、正常なら人間の体をガンから護る働きを持つ物質を作るための型ともいえる遺伝子の不具合により発症する病気だと言われています。

触れあいなどで、本人が猫のことをとても愛おしく感じると「優しさのホルモン」ともいわれるオキトキシンが多く分泌されれば、ストレスを緩和したり癒しに繋がります。

ダイエットを成功させたいばかりに1日の総カロリーを控える、食事をわざと残す、というような暮らしのスタイルが栄養までもを不足させ、酷い冷え性をもたらしていることは、色んな媒体で危惧されています。

最大の臓器である肝臓に中性脂肪(中性脂質)やコレステロールが付いた脂肪肝(fatty liver)という病気は、動脈硬化や肝硬変というような色々な合併症の元凶となる可能性があることをご存知でしょうか。

エイズウイルス(HIV)を保有した精液、血液を始め、唾液、母乳、腟分泌液といった様々な体液が、看病する人等の傷口や粘膜部分等に触れることにより、HIV感染のリスクが大きくなってきます。

胸部圧迫感を主訴とする狭心症(angina pectoris)の外科手術では大半の病院で「大動脈内バルーンパンピング」と「大動脈冠動脈(かんどうみゃく)バイパス移植術(CABG)」の2つの異なる治療が頻繁に使われています。

チェルノブイリ原発の事故に関する長期間に及ぶ後追い調査の結果では、体の大きな成人よりも体の小さい子供のほうが漏れてしまった放射能の有害なダメージをより受容しやすいことが分かります。

環状紅斑とは環状、すなわち輪っかのような円い形状をした紅色の湿疹など皮ふ症状の総称であり、理由はまさしく多種多様だといえます。

消化器科で診てもらう急性腸炎(acute enteritis)は、ほとんどの場合腹痛・吐き気・嘔吐・腹下しを伴う程度ですが、細菌感染から来ている場合は相当ひどい腹痛・幾度も繰り返す嘔吐・止まらない下痢と一緒に38℃以上の高熱も出るのが違いだといえます。